えがおの黒酢やブルーベリーの口コミ

えがおのブルーベリー

ブルーベリーが、目にとても良いことは知られていますよね?毎日、長時間パソコンに向かっていることが多い現代人の目は、とても疲れています。私自身も、わりとパソコンに向かっていることが多いのですが、確かに目の疲れを半端なく感じます。目薬したり、蒸しタオルを目の上にのせてみたり…としているのですが、一時的には良くなっても、でも根本的な部分は解決していないように思うんですよね…。

ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれる成分は、ブルーベリーの紫色の色素で、目の網膜にある紫色の色素であるロドプシンの再合成を助ける働きを持っています。このロドプシンに光が当たることで、目が見える…と脳に認識されるわけです。ロドプシンは、光にあたるとビタミンAに分解されるのですが、また再びロドプシンに再合成されていきます。しかし、目を酷使し続けていると、この再合成が間に合わないため、ロドプシンは減少してしまいます。そうなると、視力が悪くなったり、目の疲れが酷くなったり…となるのです。そのため、目にはこのロドプシンを再合成させる役割を持つアントシアニンが豊富に含まれたブルーベリーが、目に良いとされるんですね。

健康食品を多く取り扱っているえがおでも、プルーベリーのサプリメントを取り扱っています。えがおのブルーベリーには、従来のブルーベリーのおよそ3倍~5倍のアントシアニンを含んでいるというビルベリーエキスを配合しています。ビルベリーエキスやブルーベリーの一種で、北欧産野生種のビルベリーを、えがおのブルーベリーでは使用しているのですが、このビルベリーの体内吸収率を通常よりも150%ほど高めたものが、ミルトアルゴスと呼ばれる成分です。

つまり、えがおのブルーベリーには、ブルーベリーよりもアントシアニンを多く含むビルベリーエキスを更に進化させたミルトアルゴスを主原料としている…ということになります。また、えがおのブルーベリーには、このミルトアルゴスを主原料としている他、コラーゲンやコエンザイムQ10、ルテイン、カテキン、ビタミンE、DHAなども配合されていますよ。

えがおのブルーベリーの主原料となっているビルベリーは、1粒1粒、きちんと人間の目で検査されています。もちろん、有害物質や農薬が残留しているかどうか…のチェックも、公的機関によって行われているため、安全性は高く、信頼できるものとなっています。いくら目に良くても、身体に害のある成分を含んだ健康食品って嫌ですよね。その点、えがおのブルーベリーならば、安心して摂取することができますよ。

株式会社えがお

株式会社えがおでは、青汁や黒酢、鮫珠、ブルーベリー、健康茶、その他サプリメント…などの健康食品を取り扱っています。「えがお生活♪」というCMで流れる文句が耳に残っている方も多いのではないでしょうか。

健康食品とは、サプリメントや栄養補助食品、機能性食品のことを指します。最近、注目を集め、利用者も多い特定保健用食品なども、健康食品に分類されています。特に、法律的に規定というか定義があるわけではなく(特定保健用食品にはありますが)、これらの総称を健康食品と呼ぶようです。

もちろん、健康や美容のためには、普段の食事から、バランスの摂れた食事に気をつけ、適度な運動や充分な睡眠など、食生活・生活習慣を正していくことが必要です。理想としては、食物から必要な栄養素を摂取することが望ましいのですが、しかし、現実にはそれが難しい時代だったりもします。そのため、あくまで「補助」「サポート」という存在として、健康食品を摂取するのはとても良いことではないかな、と思います。逆に、健康食品を摂取しているから、普段の食生活は不摂生でも良い、というわけではありませんよ。

えがおの健康食品は、多種多少な健康食品を、比較的リーズナブルな価格で提供してくれています。えがおでは、ただ健康食品を販売しているだけでなく、1つ1つの商品の詳細を、とても判りやすく説明してくれているのが良いな、と思います。口にするものですから、やはりその正体をしっかり把握して理解しておくことは大切なことですしね。原材料は何か、添加物等はどうなっているのか…などはもちろんのこと、どんな症状に効果があるのか…等も、しっかり掲載されていますので、えがおの健康食品は安心して使用することができます。

また、「何かしら身体の調子が悪いから、健康食品を摂取したいのだけれど、でも具体的に何を選んだら良いのか判らない…」という方にも、簡単に最適な商品を見つけられるよう、えがおでは、悩みは気になるワードから健康食品を選ぶことも可能です。

些細なことかもしれませんが、こういった細かいところまで利用者を気遣っているえがおが取り扱っている健康食品ならば、きっと安心できて、信頼できるものに違いない…と思わされるような気がします。

グルコサミンの種類

グルコサミンにも複数の種類があるのをご存知でしょうか。現在、グルコサミンには、グルコサミン塩酸塩・グルコサミン硫酸塩・N-アセチルグルコサミンの3種類が存在しています。一般的に、グルコ差実は、カニ・エビなどの甲殻類から成分を抽出するのですが、その抽出方法によって、この3つの種類に分けられているんですね。つまり、グルコサミン塩酸塩は、塩酸を使用して成分を抽出したもの。グルコサミン硫酸塩は硫酸を使用して成分を抽出したもの。N-アセチルグルコサミンは酵素を使用して成分を抽出したもの…となります。

続きはこちら

グルコサミンを摂取する際の注意

グルコサミンは、短期間に、そして適切に経口摂取(口から摂取して、身体の中に取り込むこと)する場合ならば安全なのですが、グルコサミンを摂取することで血糖値・血圧・血中コレステロール、およびトリグリセリド値の上昇なども報告されています。そのため、糖尿病や高脂血症を患っている方は、グルコサミンを摂取する際は注意が必要です。特に糖尿病の場合は、血糖値のコントロールがしっかりとできているのであれば、何を食べても良いということですから、グルコサミンを含んだ甲殻類を食べてはいけない…ということはありません。しかし、サプリメントでグルコサミンを摂取する場合は、あまり積極的に摂取するのは控えた方が良さそうです。それに、グルコサミンは、インスリンの働きを低下させてしまう作用があると言われていますので、糖尿病の1型、2型共に、注意して下さい。

続きはこちら

えがおのグルコサミン

ちょっと階段を昇ったり降りたりしただけなのに足首や膝への負担が大きい。軽いものでも持ったあとは腰が痛くなる。運動ができるほど関節の可動域がなくなってきた。

これらの症状を感じ始めた方は、もしくはこれからも絶対に感じたくないという方はグルコサミンを摂取してみましょう。

えがおの「グルコサミン楽楽」にはグルコサミンをはじめコンドロイチン、ヒアルロン酸ナトリウム、貝由来のカルシウなどが含まれており、これらの成分が身体の関節部分に関する不調・悩みを解消してくれます。

続きはこちら

売れてるブルーベリーサプリおすすめランキング

えがお以外にも多くのメーカーからブルーベリーサプリメントは販売されています。ブルーベリーサプリの中でも売れている人気のブルーベリーサプリを比較しおすすめランキングを紹介しています。

続きはこちら

関連記事

カテゴリー

新着記事

Copyright © 2016 えがおの黒酢やブルーベリーの口コミ All Rights Reserved.